企業情報

MESSAGE

TOP > MESSAGE

この業界で最も技術者ファーストな技術者派遣会社になると宣言します。

 

技術者の明るい未来をサポートしたい。

「日本の建築技術はスゴい」と、子どもの頃から思っていました。地元が奈良で、法隆寺や大仏といった伝統的な木造建築が身近に存在していたことが、大きな影響を与えたように思います。新卒で入社したのは商社でしたが、仕事を通じて技術者派遣ビジネスの存在を知って俄然、興味がわきました。子どもの頃に憧れた建設業界の技術者には今からではなれないけれど、現在活躍している技術者の人たちの将来ビジョンやキャリアアップをサポートできるのならやってみたい、と思いました。今に至るまではいろいろと紆余曲折がありましたが、新しい会社を設立し、代表取締役に就任した今でも、その思いは変わっていません。

 

「今」を正しく評価し、未来につなぐ。

技術者派遣の業界で「大手」と呼ばれる企業で、ビジネスのノウハウはたくさん学ばせてもらいました。そんな中で「どうしても実現したい」と思っていたのが、技術者一人ひとりと真剣に向き合い、その方の明るい未来を描くのに最適な仕事や現場をアテンドすることに徹底してこだわること。日本の建設業界で技術や知見、ノウハウを蓄積してきた技術者の方々は、世界的に見ても評価が高く、ハイレベルな存在だと思っています。そんな方々は今よりもっと高く、正当に評価されるべきだと信じて止みません。当社では技術者の方一人ひとりの「今」を正しく評価するとともに、未来にはさらに今以上の評価が得られるように導くことに、とことんこだわる唯一無二の技術者派遣の会社になりたい、と考えています。

 

私のスタンスに共感した大勢の仲間がいる。

「そうは言っても、本当に正当な評価をしてくれるのだろうか」と、首を傾げる方もいらっしゃると思います。「正当な評価」をどのように担保するのかと言われれば、これは長年にわたって建設業界に特化した技術者派遣に携わってきた中で培った私の経験とノウハウを信じていただくしかない、というのが現状の回答になります。それでは説得力が薄いとは思いますが、そんな私のスタンスに共感してくれた業界経験者の仲間が今、私のまわりにはたくさん集まってくれています。そして設立から間もない会社であるにも関わらず、私たちに信頼を寄せていただいている技術者の方が数十名いらっしゃるのは紛れもない事実です。

 

技術者ファーストを目指すとお約束する。

「企業規模が大きくなったら、技術者一人ひとりと向き合ってはいられないのでは?」と思う方もいるでしょう。確かに前職では、実際にそうも言っていられなくなってしまった、という反省は大いにあります。その反省を踏まえ、もしも近い将来に規模拡大が実現できるのなら、技術者の方一人ひとりと向き合うスタッフを十分に確保してからにしたい、と考えています。技術者の方々が不満に感じるのは「自分と向き合ってもらえていない」と感じた時だと、この業界で長く働いてきて痛感しています。たとえば技術者として働いて下さっている方の中から、資質とご本人の要望を踏まえながら、技術者の気持ちが十分に理解できるコーディネーターになってもらうことも視野に入れています。いずれにせよ、この業界で最も技術者ファーストが実現された会社を目指すことは、この場を借りてお約束します。

 

代表取締役社長 中村寛治

大阪・堺市出身、奈良育ち。大学卒業後は、商社に就職。仕事を通じて技術者派遣ビジネスを知り、業界大手企業へ転職。技術者ファーストなサービス確立を目指し、2018年ネオキャリア入社。ネオコンストラクション事業部長を経て2019年、分社独立に伴い現職へ就任。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加